猪名川町・川西市・宝塚市・西宮市(一部)伊丹市・尼崎市

2017年2月 6日

平和のバトン~学んで、知って、伝えよう~

(コープめふ 2階)

 

戦後72年、阪神・淡路大震災から22年、

東日本大震災から間もなく6年を迎えます。

私たちにとっての「平和」とは何か?

みんなで一緒に考え、話し合う「平和のつどい」が開催されました。
 
会場には、テーマの「バトン」をイメージするオブジェが飾られています。
1702-1-1.jpgコープ行基の職員・森田さんの手作り(´▽`*)
 
オープニングは、池上寿美子さんによるハンマーダルシマーの演奏♪
木枠に張られた銅やスチールなどの弦を、「ハンマー」と呼ばれる木の棒で打つ楽器で、"ピアノの先祖"と呼ばれています。
1702-1-2.jpg美しく澄んだ音色が会場を包み込みました。
 
中西志津子理事のあいさつの後、第1地区「平和の会」の組合員が「平和へのちかい」を朗読。
1702-1-3.jpg
 
続いて、小学生から80代の方までが「平和」に対する思いを熱く語りました。
 

「虹っ子スタディツアーin沖縄」に参加した河辺夏美さん(小6)は、
現地での体験や沈没した対馬丸の話から、平和を願う気持ちを語りました。
1702-1-4.jpg
 
高野いこいさん(小4)は、平和企画で訪れた西宮市の「アンネのバラの教会」で牧師さんからアンネの話を聞き、「戦争がなかったら家族が幸せに暮らせたのに」という思いを語りました。
1702-1-5.jpg
 
荘司幸子さんは、戦争当時のことや満州から命からがら引き揚げた話など、

体験した人でないと語れない真実を発表しました。

1702-1-6.jpg
 
他に、宝塚少年少女合唱団による、歌の合間に"自分たちの考える平和"のコメントを入れたミニコンサートも行われました。

音楽を楽しみ、「笑顔」があふれ、平和であることの大切さやありがたさを改めて感じたひと時でした(*´▽`*)

1702-1-7.jpgかわいい振り付けと美しい歌声に大きな拍手が♪
 
閉会のあいさつで、第1地区活動本部の田中浩太郎本部長が、
「今日の『平和のつどい』を機に、戦争と平和について考え続ける覚悟を持ちましょう」と呼びかけました。
1702-1-8.jpg
 
第2部は、語り場カフェ「へいわ」。
「次の世代にもつなげていかないとね」
「楽しく安心して暮らせることって、大切よね」
など、みんなが「平和」に対する思いを自由に語り合いました。
1702-1-11.jpg 1702-1-12.jpg

  

同時開催された震災支援リサイクルバザーや「いちなな市」も大盛況でした。
1702-1-9.jpg 1702-1-10.jpg

 

(第1地区ライター・高野充子)

投稿者:kouhou
loading ...

コープこうべの組合員活動