猪名川町・川西市・宝塚市

2015年11月27日

「平和の旅」

(11月20日(金) 葦谷砲台跡、舞鶴引揚記念館)

 

第2次世界大戦の終結に伴い、

政府は海外に残された日本人の引き揚げ事業に取り組みました。

特に舞鶴港は、昭和33年9月の最終船入港までの

13年間にわたり、最後まで重要な役割を果たしました。

 

今回、舞鶴を訪ねる「平和の旅」に44人が参加し、

引き揚げ当時の様子を伝える資料や戦争の跡を見て学びました。

 

「舞鶴ふるるファーム」から葦谷(あしだに)砲台跡まで、

片道約2kmの緩やかな坂道が続きます。

お天気も良く、皆さんハイキングを楽しみながら元気に登りました(^v^)

 

山頂に着くと、まるで時間の止まったような景色が広がります。

葦谷砲台は明治時代に建造され、

地下火薬庫などが現存する世界大戦の遺構。

今年公開された映画『日本のいちばん長い日』では、ロケ地に使われたとか。

1511-13-1.jpg

戦争中、舞鶴で子ども時代を過ごしたガイドさんから、当時の舞鶴の様子や戦争の話を聞きました


1511-13-2.jpg

展望台から若狭湾と冠島が一望できます

 

続いて、この秋にリニューアルした「舞鶴引揚記念館」を訪れました。

ユネスコ世界記憶遺産に登録された収蔵資料などを熱心に見学。

シベリアでの悲惨な抑留生活の実態や、

先人たちの苦難を強いられた中での生活の知恵や工夫に涙する参加者も。

「過酷な状況にあっても、努力を惜しまない先人たちに涙があふれました」

「実際に自分の目で見て、二度と戦争をしてはいけないという実感が湧きました」

などと話していました。

1511-13-3.jpg

(第1地区ライター 高野充子)

投稿者:kouhou

猪名川町・川西市・宝塚市

(11月7日 UR逆瀬川団地集会所)

 

逆瀬川団地に住む人たちが近隣住民とタッグを組んで、

地域に開かれた交流の場を開きました。

 

1511-12-2.jpg

会場の隣には、コープこうべの移動店舗も来て、お買い物をする人たちでにぎわいました(*’▽’)

 

集会室には、小さな子どもから高齢者まで、

幅広い世代が集まって、満席状態。

テラスに出て、景色を楽しみながらくつろぐ人たちも。

 

この日は、コープサークル「ふれあいサロンめふ」が協力し、

おいしいコーヒーや紅茶、本格的な抹茶などとお茶菓子が

100円で提供されました(^v^)

1511-12-4.jpg 

ホッとひと息つきながら、会話を楽しむ参加者のみなさん

 

池上寿美子さんによるハンマーダルシマーのミニコンサートも行われました。

1511-12-3.jpg“ピアノの先祖”とも言われるハンマーダルシマー

木枠に張られた銅やスチールなどの弦を、ハンマーで打って演奏します

 

1511-12-1.jpg

ハンマーダルシマーの澄んだ美しい音色に静かに耳を傾け、目を閉じて聴いている人もいました(´▽`*)

懐かしい歌を演奏する際には、みんなで一緒に歌い、大変盛り上がりました♪

 

1511-12-5.jpg

演奏終了後は、楽器の歴史や演奏の仕方など自由に質問を投げかけ、

池上さんに答えていただきました。

 

コープサークル「ふれあいカフェのがみUR」代表者の石川順蔵(じゅんぞう)さんは、

「井戸端会議のような自由で温かい場所にしたい」

「気軽に利用し、みんなで体操など楽しむのも面白いね」

などと、他の立ち上げメンバーたちと今後の目標を語りました。

 

参加者は、

「本当に楽しかった。近くに集える場所があるのはうれしいですね」

と、話していました。

 

「ふれあいカフェのがみUR」は、スタートラインに立ったばかり。

私もいろんな人とお話をして、とても楽しい時間を過ごしました。

 

(第1地区ライター 高野充子)

投稿者:kouhou

猪名川町・川西市・宝塚市

(10月8日(木) コープ山本 組合員集会室)

 

絵本やおもちゃなどで子どもたちを遊ばせながら、

ママたちはホッと一息ついたり、親同士の情報交換を楽しむ「子育てひろば」

 

この日は、“こそだてひろばアドバイザー”の内田淑佳(よしか)先生による

「親子体操」が行われ、16人の親子が参加しました。

 

1510-12-1.jpg子どもを膝に乗せて、リズムに合わせて「トン・トン・トン♪」

 

歌に合わせて指遊びや数え歌、抱っこしたり、駆け回ったり。

ママにとっては筋力アップのエクササイズになる運動もあり、

「キャーッ、キツイ~」という声も。

 

かなり盛り上がりました(*^▽^*)

 

 

今度は、子どもを雑巾に見立てた「雑巾遊び」。

「絞りまーす」という先生の合図で

「ゴシゴシゴシ~」とママがくすぐると子どもたちは大喜び!

 

音楽に合わせて、親子で向き合って体操も楽しみました。

 

1510-12-2.jpgお馬に乗ってアーチをくぐります

 

 

体を動かした後は、ハンカチ遊びやパネルシアターと盛りだくさん。

常に子どもたちは興味津々です(*´▽`*)

 

1510-12-3.jpgハンカチ遊び「おばけだよ~」

 

 

また、遊びの後は、そのまま「おべんとうひろば」に♪

希望者は、お弁当などを持ち寄ったり、コープ山本でパンやお弁当を購入して、

自由にランチタイムを過ごしました。(^v^)

1510-12-4.jpgお弁当おいしいね!

 

 

参加者は、

「面白い遊びをたくさん教えてもらって、とても参考になりました」

「遊び終わって、すぐに食事ができる『おべんとうひろば』は便利ですね」

などと話していました。

 

親子のスキンシップは、子どもの心の成長に欠かせないだけでなく、親子の絆も深まりますね。

子どもたちの笑い声で満たされた素敵な時間でした(*´▽`*)

 

(第1地区ライター 高野充子)

投稿者:kouhou

猪名川町・川西市・宝塚市

(2015年9月7日 コープめふ 2階)

 

来年の「ふれあいフェスタ宝塚」の開催について、

13人の実行委員さんたちが話し合いました。


まず、それぞれの自己紹介や活動内容を語り、和気あいあいとした雰囲気。

そして、いよいよ本題に…。

 

1509-1-1.jpg開催の趣旨について、ご意見をどうぞ」


実行委員のみなさんの意見をまとめた結果、次のように決まりました。(*´▽`*)


タイトル:「2016 コープふれあいフェスタ宝塚~サークル・くらぶまつり~」

開催日:2016年3月6日(日)

目 的:サークル・くらぶの活動発表と交流

 

 

また、前回を振り返り

「販売や教え合いの人たちも舞台発表を楽しんでもらうために、

今年も、間仕切りを取って一つの会場にした方がいいわ」

「自分たちの出番の前後に違うサークルさんの発表が見られるところが、

『ふれあいフェスタ』の良さよね」

など、引き続き残しておきたいことを検討しました。

 

1509-1-2.jpg食堂や喫茶を改善するアイデアを出し合いました


食堂のメニューや形態など具体的な内容については、

次回の話し合いに持ち越されました。

1509-1-3.jpg 1509-1-4.jpg

 

「フェスタを通じて、いろんな人たちにサークルの活動を見てもらって、

メンバーを増やしたい」

「特に、若い世代の組合員さんたちにも楽しさを知ってもらって、

ぜひ活動をつなげていってほしいわ」

など、フェスタに対する思いを熱く語りました。


「ふれあいフェスタ」は、出る側も、見る側も楽しい大きなお祭り。

参加するサークルのみなさん、モチベーションUPし、日頃の練習の励みになるとか。


みなさんが笑顔でいきいきと発表や教え合いをする「ふれあいフェスタ宝塚」、

今から楽しみで~す♪(*^▽^*)

 

(第1地区ライター 高野充子)

投稿者:kouhou

猪名川町・川西市・宝塚市

(夏休み期間 第1地区の組合員集会室など)

 

小学生以上を対象に、遊びや料理、環境、平和の学習、ボランティア体験など、

夏休みの自由研究にも役に立つさまざまなイベントを、

コープサークル・くらぶが中心になって開催。

多くの子どもたちが組合員集会室を訪れました。(*^▽^*)

 

8月11日は、コープめふで「ふれあいサロン」のボランティア体験がありました。

 

コープサークル「ふれあいサロン めふ」の皆さんと一緒に、お茶やお菓子を運びました。

 

1508-12-7.jpg ドキドキの子どもたち(*’▽’)

 

緊張しながら、「何にしますか?」とオーダーを取ります。

いつも利用している組合員さんは、

「今日はかわいい子がたくさんいて、賑やかね~」と喜ばれていました。

 

1508-12-3.jpg 1508-12-8.jpg お茶の入れ方も教わりました♪

 

1508-12-4.jpg 「お抹茶も立ててみる?」と初めて見る道具にビックリ!

 

1508-12-5.jpg 「作るのって、楽しいね?」

この夏おすすめの「はちみつレモン」を作りました(^◇^)

コープ商品の「はちみつレモン」を「ただの炭酸水」で割ったもの。

暑い夏には、スッキリした味わいで人気のドリンクだとか。

 

1508-12-2.jpg 「ありがとうございました」と子どもたち

 

参加した子どもたちは、

「最初は難しかったけど、いろんなことを教えてもらって、とても楽しかった」

「『ありがとう』と言われたのが、一番うれしかった」

など、笑顔で話していました。

 

お茶の入れ方や出し方、片付けまで大変テキパキと動いていましたが、

キップで引き返す様子は実に子どもらしく、微笑ましかったです(*´▽`*)

 

(第1地区ライター 高野充子)

投稿者:kouhou
←前のページ 1234567891011
loading ...