猪名川町・川西市・宝塚市

(2月23日(火) コープ仁川 店内)

 

小さな子どもと保護者を対象に、

絵本に出てくるメニューや、イメージする食材を使った試食と、

絵本の読み聞かせを行う

「食と絵本のひろば~もぐらの仁ちゃん~」。

この日は3回開かれ、26組55人の親子が集まりました。

 

今回のテーマは「ひなまつり」♪

 

コープサークル「絵本のへや ほっとけーき」の皆さんが、

子育て中の世代をお手伝いしようと、“もぐらの仁ちゃん応援隊”として参加。

『桃太郎』や『おひなさま』の絵本や紙芝居で、

子どもたちを楽しませました。(*´▽`*)

 

キッチンサポートコーナーでは「三色団子」を調理。

「桃太郎のお団子みたい!」

と、子どもたちの喜ぶ声が聞こえてきました。

1602-13-4.jpg

「ピンクはイチゴ、緑色はホウレン草をすり潰して色付け。コンデンスミルクをかけるとおいしいですよ?」

 

1602-13-1.jpg 動物が出てくる場面に興味津々(*‘∀‘)

 

1602-13-2.jpg 紙芝居を夢中になって見る子どもたち

 

1602-13-3.jpg ラブコとコースケも遊びに来てくれました!

 

ラブコやコースケたちと一緒に記念撮影や握手をしたり、

親子で楽しいひとときを過ごしていました。

 

参加した母親たちは、

「お買い物ついでに寄れるのがいい。

絵本に合わせた試食は面白いし参考になりますね」

「小さい子と来られる場所があるのはうれしいです」

「お店に来るのが楽しみです」

などと話していました。(*^▽^*)

 

買い物帰りに足を止めて絵本や紙芝居を見たり、

ママ同士の情報交換でおしゃべりしたり、

たくさんの親子が思い思いの時間を過ごしました。

 

小さいお子さんのいらっしゃるママさん、

ぜひ一度、コープ仁川を訪れてみませんか?

 

(第1地区ライター 高野充子)

投稿者:kouhou

猪名川町・川西市・宝塚市伊丹市・尼崎市

4月23日(土)、親子を対象に行われる、

「大芝生広場でうんどうかいin尼崎の森」。

 

開催にあたり、子育て世代や健康に関心のある8人の組合員たちが

2月15日、コープめふ2階に集って話し合いました。

1602-12-1.jpg

いろんな世代の人が集まり、とても和やかな雰囲気でした(*’▽’))

 

今日は、第1回目の話し合い。

“こんなうんどうかいが あったらいいね!“

というテーマでは、

「段ボールを使って、何かできないかしら?」

「まずは、みんなでラジオ体操をしてはどう?」

「よちよちの赤ちゃんたちにも“ハイハイ競争”や親子で抱っこのリレーで楽しんでほしいですね」

など、いろんなアイデアを出し合い、盛り上がりました(*´▽`*)

 

1602-12-3.jpg

「親子だけでなく、おじいちゃん・おばあちゃんも参加できる

ような、 のびのびとした楽しい運動会したい」という意見も

 

運動会に向けて、企画会議はスタートしたばかり。

当日の参加はもちろんのこと、企画や運営を手伝ってくださる

ボランティアスタッフも募集中です。

「子育て世代を応援したい」

「子どもたちとワイワイ楽しいことをしたい」

など、興味のある方は一緒に活動しませんか?

次回、2月29日のテーマは“こんなうんどうかい できたらいいね!”です。

詳しくは、気軽に第1地区活動本部までお問い合わせください。

 

(第1地区ライター・高野充子)

投稿者:kouhou

猪名川町・川西市・宝塚市

「ベルマークで東北の子どもを笑顔にするプロジェクト」

(12月8日 コープめふ 組合員集会室)

 

ベルマークの収集や、整理・集計を行うコープサークルさんたちが中心となって、「ベルマークで東北の子どもを笑顔にするプロジェクト」を開催しました。

1601-12-1.jpg

息の長い支援を続けるためには、どうすればよいか?

自分たちに何ができるか?

などを話し合いました。

1601-12-2.jpg

 

また、昨年10月31日、11月1日にコープサークル「歌津応援団@たからづか」の皆さんが宮城県南三陸町歌津を訪問し、ベルマーク支援校である「南三陸町立伊里前小学校」に立ち寄ってベルマークを届けた様子を語りました。

11月10日には「気仙沼市立松岩小学校」にもベルマークを送りました。

1601-12-3.jpg 1601-12-4.jpg

 

2015年度は2校へ合計119,423点のベルマークを送ることができました。

これらは、キーボードや体育用の運動マットなど備品の購入に活用されています。

 

プロジェクトの参加者は、

「ベルマークで子どもたちの環境が少しでも良くなるように、活動を続けていきたい」

「子どもたちに喜んでもらうことが活動を続ける励みになる」

などと話していました。

 

後日、寄贈先の「南三陸町立伊里前小学校」「気仙沼市立松岩小学校」両校の子どもたちから、元気あふれる喜びのお礼の手紙が届きました。(*^▽^*)

1601-12-5.jpg

 

少しづつ持ち寄ったベルマークが、東北の子どもたちの笑顔につながるとてもステキな活動ですね。私も、ささやかながらベルマークを集めて、店舗の収集箱に持って行きます(*´▽`*)

 

(第1地区ライター 高野充子)

投稿者:kouhou

猪名川町・川西市・宝塚市

(1月11日 コープめふ2階)

 

「被ばく・終戦70年、阪神・淡路大震災から20年、JR福知山脱線事故から10年」という節目の年度に、あらためて“命とくらしを守る”ことの大切さを語り合い、組合員同士でつながっていく機会にしようと「平和のつどい」が開催され、約180人の組合員と職員が参加しました。

 

オープニングは、池上寿美子さんによるハンマーダルシマーの演奏

透みきった美しい音色が会場に響きました。

続いて、中西志津子理事のあいさつでは、「平和の会」が中心となり、この1年、企画・推進してきた平和の取り組みを報告。

「平和の会」の皆さんとともに「コープこうべ『平和へのちかい』」を朗読しました。

 

「伝えたい 私の“おもい”」では、

夏休みに戦跡を訪ねた体験や太平洋戦争の記憶など、小学生から80代までの組合員・職員10人が熱く語りました。

1601-11-2.jpg 1601-11-1.jpg

 

会場では、涙を拭きながら話を聞く参加者もいました。

 

「宝塚少年少女合唱団」によるミニコンサートでは、平和を願う美しい歌声に大きな拍手が送られました。

1601-11-3.jpg

 

最後は、語り場カフェ“へいわ”で、参加者同士が自由に「平和」について語り合いました。

1601-11-4.jpg

今日の感想や日ごろの思いなどを語り、参加同士が交流を深めました

 

1601-11-5.jpg グループごとに話し合った内容を発表しました

 

参加者は、

「子どもたちにも、命の大切さを積極的に伝えていきたい」

「平和を考えるいい機会になった」

などと話していました。

 

また、同時開催で「支援品販売」「バザー」「平和のカンパ」「いちなな市」が行われ、多くの来場者で賑わいました。

これらの収益は東北の被災地支援に活用します。

1601-11-6.jpg 1601-11-7.jpg バザー

1601-11-8.jpg 「いちなな市」

 

たくさんの方たちの“平和”に対する思いを聞いて、とても胸が熱くなりました。

私自身、戦争を知らない世代だからこそ、子どもたちにしっかりと伝えないといけない、と強く思いました。

 

(第1地区ライター:高野充子)

投稿者:kouhou

猪名川町・川西市・宝塚市伊丹市・尼崎市

(12月12日コープ塚口組合員集会室 12月15日コープめふ組合員集会室)

 

家庭でも手軽に作れて親子でも楽しめる

「コープ商品を使ったクリスマスパーティーメニュー」の提案とランチ会

2カ所で開催しました。

 

「コープdeクリスマスin塚口」には13組44人が参加。

1512-12-1.jpgコープサークル「ハッピーベル」の演奏

ハンドベルが奏でるクリスマスソングに、

大人も子どももワクワク♪

子どもたちが大合唱する場面も!

 

続いて、折り紙で「クリスマスリース」作り

土台となるリースを折って、飾りを貼っていきます。

1512-12-3.jpg親子で協力!「どの飾りにしようかな」

 

たくさん遊んだあとは、料理のデコレーション

透明カップにちらし寿司を入れ、卵やブロッコリー、ミニトマト、星型に切った厚焼き卵をのせていきます(*^▽^*)

1512-12-6.jpg1512-12-5.jpg

コープス「たまご蒸しパン」をフルーツや生クリームでアレンジ。かわいいデザートに!

 

一方、「コープdeクリスマス ママランチ会」には10組20人の親子が参加。

1512-12-2.jpg 

コープサークル「フィドル・レーヴ」の弦楽演奏

 

日頃、ゆっくりと音楽を聴く時間もないお母さんたちも、

この日はゆったりとした時間を過ごしていました。

コーピーやコーすけも遊びに来てくれました♪

 

 

1512-12-4.jpg1512-12-7.jpg 

クッキングサポーターによるワンプレートランチを楽しみました

 

見てうれしい、食べておいしい♪簡単でおしゃれなメニュー。

家族や友人とのクリスマスパーティー料理にも使えそうなものばかり!(*´▽`*)

 

最後は、クリスマスリース作り。

親子で思い思いにリースに飾りを付けて、オリジナルの作品をつくりました。

 

どちらの会場も、子どもとママの笑顔でいっぱいでした。

 

(第1地区ライター 高野充子)

投稿者:kouhou
←前のページ 1234567891011
loading ...